人 生 後 半 を 楽 し み た い

デュッセルドルフ 初クリニック

ドイツに来て初めて病院に行った

お薬手帳を持って

 

日本の薬が無くなるので

高血圧と花粉症に備えて

決心して病院に行った

 

この街は日本人が多いから

日本人のお医者さんがいる

 

そして看護師さんも日本人で

受付もやっている

 

びっくりする

そして安心

今後もお世話になると思う

 

小さな子どもが3人いたバルセロナ当時は

急に具合が悪くなったり

ケガをしたり予防注射と

何度も病院に行った

 

その時の保険は海外旅行保険で

夜中でも休日でもパリに電話をして

どこの病院に行けば良いか聞いて

予約を取ってもらい

連絡が来るまで待って

病院に行った覚えがある

 

大変だったと思うけれど

日本語でパリに電話して

保険が使えてって

それだけでありがたいと思っていた

 

ここではドイツの保険に入っていて

予約の電話やメールを自分で日本語で出来る

 

高血圧は薬を飲んだ方が良いというので

処方箋をもらった

 

毎年大変な花粉症は

今のところ症状がない

 

2月に寒さ辛さでアレルギー症状が出た時に

ちょっとだけ鼻うがいが出来た

 

完璧に出来ないちょっと鼻うがい

そのおかげなのかわからない

 

それとイネ科花粉症アレルギーなので

多分ドイツにはそれが無いようで

今の時期毎年グッタリしていたのが

スッキリしている

なので、花粉症の薬はナシ

 

 

そしてコロナワクチンの予約もした

思ってみなかったワクチン予約

 

コロナワクチン接種はまだまだ

ずーーっと先と思っていたし

どちらかというと

ワクチンは打たない

打ちたくないと思っていた

  

最近は打つなら

ファイザーかなぁ、、、と思ったりしたけど

  

看護師さんに

「予約リストに入れました」

(いつの間にか夫が相談済み)

と言われ

優先順位やワクチンの供給状況で

どうなるかわかりませんが

夏前までには、、、という感じだった

 

突然で心の準備が出来ていなかったので

ちょっと動揺した

 

けれど

接種センターで打つより

家庭医で打てるのは安心

 

50代半ばの私より

年上の夫はもっと早くに

接種することになる

 

ビオンテックを希望した

 

ビオンテック=ファイザー

ドイツでは「ビオンテック」という

打たない、打ちたくない

まだまだ来ないと

思っていたけれど

なんかグーンと進んで来た

 

ヨーロッパの中では

ワクチン接種は遅れているドイツだけど

慎重なんだと思うし

医療がすごいドイツにいる

しかも日本語が通じるというだけで安心

 

そして諦めていた旅行も

ちょっと近づいた感じがして

動揺していた心が弾んだ

 

病院の帰りには

デュッセルドルフの街に来たのだからと

アジアン食材店でお豆腐を買った

 

続く⇒ お豆腐 昔話

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる