人 生 後 半 を 楽 し み た い

ドイツの冬至と日本の冬至

ドイツ語で冬至は Wintersonnenwende 長い

日めくりカレンダーには

winteranfang(冬の始まり)って書いてあった

f:id:marugarico:20211223000606j:plain

これから冬の始まりなんだ、、、

冬至って世界共通で北半球同じと思っていた

ドイツは21日が冬至だった

日本は22日

違う

ずれる

知らなかった

ドイツに来てから

このブログ書いてから

「知らなかった」が何回出て来たか、、、

この年齢になっても知らない事がたくさんある

2020年は同じ日で

2021年2022年は違う

ナンデずれるの?

ドイツ・ヨーロッパ他北半球の冬は

12月21日中央ヨーロッパ時間の

16時59分から始まるらしい

https://www.timeanddate.de/astronomie/winteranfangより)

その時、日本は22日の0時59分になっている

基準が中央ヨーロッパ時間の

遅い時間だから

日にちがずれるんだね

理科と社会の勉強だ

地球儀がほしい

冬至と夏至の頃が

いちばん日本との違いを感じる

バルセロナでも

夏の夜の明るさと冬の朝の暗さは感じた

バルセロナの緯度は日本だと津軽海峡辺りで

ここデュセルドルフはこの赤の辺 ↓

f:id:marugarico:20211223031953p:plain

今まで住んだ中で一番北にいる

バルセロナより緯度が高い分だけ

ドイツの方が日本との違いを感じる

それと暇だから

毎日暇だからね

12月22日

ドイツの日の出は8時36分

我が家からは9時になって

ようやく太陽が見えて来た

-2℃

今週は晴れている

f:id:marugarico:20211223000608j:plain

飛行機雲がたくさん見える

月曜から晴れた

せっかく晴れたのに外に出ていない

少しでも日光に当たった方が良いのに、、、

出なかった

元気がなかった

昼になっても太陽の位置が低い

家の中に入ってくる陽の光がすごーく長い

アパートの北端にある玄関ドアの

真ん中まで当たっている

12月22日の日の入りは16時28分

f:id:marugarico:20211223000617j:plain

最高気温は1℃だった

日の出

東京は6時47分

デュッセルドルフは8時36分

日の入り

東京は16時32分

デュセルドルフは16時28分

夕方は日本と変わらないけれど

朝が約2時間違う

来週12月30日の8時38分が

一番遅い日の出

そのあとは少しずつ早くなっていく

けれど

1月2月の方がシンドク感じるのはナゼだ

今はクリスマスで賑やかな感じがするからかな?

それよりも

曇天+雨で太陽が出ない日光不足になるからだ

ゆず湯もかぼちゃも無い冬至を過ごしている

かぼちゃはドイツにもあるみたいだけれど

近所の小さなスーパーには無い

ゆず湯に入りたいな

けれど最近はドイツ風になって

シャワーだけになった

バスタブとは別にシャワーブースがあるので

お湯を張る事をしなくなった

あんなにお風呂や温泉が好きだったのに

入浴だけはドイツっぽくなってきた

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる