人 生 後 半 を 楽 し み た い

読書で乗り越える

今週のお題「読書の秋」

あちこちで暖炉の煙が見える

すでに真冬の東京の寒さのドイツの田舎

先日の記事 ↓ の続き

www.margarico.blog

目が疲れる電子書籍をあきらめ

日本から持って来た本も僅かしかない

と思っていたけれど

日本人クラブの小さな図書室に行ってみた

借りることが出来た

それよりも

うれしかったのは

古本が1冊0.2€で販売されていた

5箱くらい並んでいる段ボールに

入っている文庫本

とりあえず15冊買った

借りると返しに行くのが大変なので

古本販売はうれしいありがたい

並んでいる古本の中には

先日、日本に注文した本もあった

もっと早くに気がついていれば、、、

日本の書店や図書館のように

たくさんは無いけれど

小さな図書室が楽しみになった

今、読んでいるのは暗い本

こんな天気で暗い本を読んだら

元気が出なくなる

夏に怪談なら

冬は心温まる小説を読まないと

そして読書灯

Amazon.deのベストセラーを選んだ

f:id:marugarico:20211025194746j:plain

厳しい冬を前に準備は整った

あとはひたすら読むだけ

これで寒く暗く長い冬も

乗り越えられる、はず、多分

大丈夫

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる